一汗かくなら断然風俗

自分のテンションの問題だからこそ

いつ風俗のお世話になるかは、結局の所自分のテンション次第なんですよね。楽しみたい気持ちになったら楽しみますし、そんな気持ちにならなかったら楽しまないですし。だから本当にその日の気分としか言えないんですけど、でも気分が乗った時には遠慮することなく、思う存分楽しむようにしています。むしろその時には遠慮していても仕方ないじゃないですか。思い切り楽しみたいって思っているので、風俗をこれでもかって言うくらい楽しむようにしています。相手の女の子と、まるでセフレかのような情熱的なプレイをするんです。遠慮していても勿体ないので、お互いお互いをまさぐるかのような、求めあうかのようなプレイが好きなんですよその方がこちらのテンションも高まりますしね。それによって、自分自身、いろんな気持ちが芽生えるようにもなりますので、実際問題、とても大切なものなんじゃないかなって思って、風俗では毎回濃密な時間を過ごすよう心掛けています。

なぜか。その答えはいつも違う

なぜ風俗で遊ぶのか。少々哲学時見ているとは思いますけど、その答えはいつも違いますよね(笑)むしろそれが逆に楽しいというか、むしろいろいろな考え方があるんじゃないかなって思うんですよ(笑)なぜなら、風俗は理由なんて必要ないんじゃないですか。「遊びたいから」でいいんですよ。そこに、より細かい理由が隠されていると思うんですよね。自分の場合も気分としか言えないんですよね。やたらと風俗気分が高まることがあるんです。そんな時には思う存分満喫しますけど、あとは状況によって気分が盛り上がるケースもありますよね。例えばですけど休前日で給料日とか(笑)次の日早起きしなくて良いってことは、早く寝る必要もないじゃないですか。それでいてお給料日直後であればおお金の面でも余裕があるんです。お金にも時間にも余裕がある。それこそ風俗のチャンスでもありますよね(笑)こうして、自分でもいろいろな形で楽しめるのもまた、魅力なんですよ。