一汗かくなら断然風俗

気付いたのはその楽しさ

何度も風俗を利用するようになって、自分もそれなりに風俗の世界観に慣れてきたような気がするんですよね。だからか、楽しいなってことにも気付くようになってきました。それまでは楽しさよりも快感重視と言うか、女の子を選ぶ際にも誰にすると一番気持ち良いんだろうっていう気持ちばかりが先走ってしまっていたんですよ。でもそうじゃないんですよね。風俗って楽しさもあるんです。女の子とベッドの中で布団にもぐって話したりとか、他のサービスでは出来ないようなことも思う存分味わうことが出来るんです。これだけでも嬉しいですし楽しいですし。でも、これだけじゃないんですよね。風俗ってすべてが自分の好きなように楽しめる世界だなってことにも気付いてきたんです。それだけに、いろんな形で楽しめるというか、自分の視野次第でもっともっと楽しいことが待っているのかもしれないって思ったら、風俗は今後ももっともっと楽しめる可能性が高くなるんじゃないかなって。

だらしないからこそですね

自分で言うのもなんですけど、かなりだらしないタイプなんです。それはすべてに於いてです。対女性ってだけじゃなく、仕事にしてもそうですし、部屋にしてもだらしないんですよ。結局甘えん坊ってことだと思うので、風俗ではその甘えん坊ぶりを発揮すべく、人妻と遊ぶことが多いです。熟女もいいですね。きっと若い風俗嬢だと、自分にあきれてしまうと思うんですよ(笑)表面上では笑っていても内心ではドン引き…みたいな。そして、そういった雰囲気って結構分かりやすいじゃないですか。それでこっちが嫌な気持ちになるくらいなら、初めから包容力のあるタイプの風俗嬢を選んだ方が良いと思うので、それで人妻や熟女のお世話になっているんです。その方が気楽でいいじゃないですか。こちらが何をしようとも、その分しっかりと楽しむことが出来ちゃうのって、やっぱりありがたいですよね。最近では人妻や熟女のビジュアルレベルも高くなっているので、外見も問題なしですし。