一汗かくなら断然風俗

切り詰める理由があるんです

なんでここまで切り詰めるのか。その理由は風俗を楽しみたいからなんです。きっと生活費がカツカツで切り詰めていたら、限界というか面白味もなかったでしょう。でも目的のある切り詰めなんです。だから別に苦じゃないんです。むしろ切り詰めた分、その後にしっかりと楽しめるんです。楽しみが待っているって思ったら全然苦ではないですよね。むしろとても楽しいというか、どれだけ生活費を削ったとしてもその後に楽しさが待っているって思えるじゃないですか。まぁ極論すれば風俗を利用しなければ良いってことなのかもしれないんですけど、風俗は楽しみたいんです。仮にですけど、風俗を利用しないとなれば自分には何の楽しみもなくなってしまいますので、生活費だとかではなく自分の時間のために風俗を楽しませてもらっているんですよね。むしろそうやって自分の中で娯楽があるからこそ、いろいろと辛いことも頑張れる自分がいるんじゃないかなって思いますし。

最高級レベルかもしれない

先日相手をしてくれたYちゃんは、自分のこれまでの風俗人生の中でもトップクラスの美人なんじゃないかなって思っています。あれだけ美人だと、それだけでも単純に楽しいというか、まぁ男なんて美人を前にしたらそれだけで何もかも許せるというか(笑)好みでは無い女の子には厳しくとも、好みなだけで何もかも許せるってパターンは多いじゃないですか。だから風俗に関しても好みであれば何をされてもそれはそれで楽しいものなんです。だから彼女のような美人だと、それだけでこっちとしても嬉しいものなんですよね。それもあって、その日に関しては細かいことまではよく覚えていないんですけど、ただ嬉しかったという事実だけは鮮明に覚えているんですよね。それもあって、風俗では美人を選んでおいた方がいろんな意味で失敗しないのかなって思うようにもなりました。なんだかんだ、目から入ってくる情報って直接脳に行くので大切なものなんじゃないかなって思いますしね。